メニュー
新宿駅前クリニックなどの⽪膚科の口コミ評判CHECK > 水虫 > 「水虫」薬は長期戦

「水虫」薬は長期戦

あやなさん 30代 女性
★★★★★

夏になるとサンダルを履いたりして足を出す機会が増えてくるのでペニキュアを塗っていました。
キレイに落とすのも面倒だったので重ね塗りをしていました。
ある時、ペニキュアを取ると人差し指の爪だけ白く濁り割れそうな感じになっていました。
痛みもかゆみもなかったので、様子を見ていたのですが症状がなかなかおさまりませんでした。
インターネットで調べると爪水虫というものが出てきたので心配になり、近所の皮膚科を受診することにしました。

受け付けをして問診票を記入して診察を待ちました。個室の診察室に呼ばれて足の爪を見せました。
すぐに先生がカッターと耳かきが合わさったようなやつで人差し指の爪をカリカリと削りました。
それを顕微鏡にセットしてのぞいていました。
そしてすぐに、爪水虫ですねと診断されました。ショックでしたが、治療すれば治るとのことで安心しました。
塗り薬だけでは治らないらしく飲み薬も一緒に処方されました。
診察はあっという間に終わり、先生も慣れたようにササッと検査して簡単な感じがしました。
処方された薬もマニキュアのように毛がついていてとても塗りやすく扱いやすかったです。
爪が生えかわるくらいまで薬は続きましたが、今は跡形もなくキレイに治っています。

ウイングさん 40代 女性
★★★★

小学生の頃から、爪の色が黄色い上分厚くて水泳の時間がとても嫌でした。
特に親指と小指がひどく、表面は縦に筋がたくさん入っていてザラザラ。いつも隠すように座るときは手で押さえたりしていました。
大人になるとペディキュアを塗るようになったので、色の変色はわからないようになりましたが、表面がボロボロなことに変わりはなく、色を塗っても決してキレイではありませんでした。
ペディキュアを塗ったり落としたりを繰り返しているうちに変色がひどくなってきたので、皮膚科で受診しました。

まさか水虫だとは思っていなかったので、爪水虫との診断を受けて本当にびっくりしました。
水虫イコールとても痒い、皮膚が荒れるというイメージだったので。
私の場合、痒みは全くなく、足の指や足の裏の皮膚は正常でした。
皮膚科の先生から、爪水虫は普通の水虫と比べて治りが悪く、再発率も高く、家族感染が多いと聞きかなり不安になりました。
私の場合は、同居していた父親からの感染だったようです。
父親も全く同じ爪をしていたので、てっきり遺伝でこういった爪なのかと思っていました。
まさか水虫とは!と本当にびっくりしましたが、父親がそうだったのなら感染しても仕方がなかったなという納得した気持ちもありました。
薬は塗り薬は効かないとのことで、飲み薬を処方されて飲んでいます。
長期戦になりそうですが、長年のコンプレックスから解放されるよう頑張りたいと思います。

top